あとがき

オルガのこと。

 ←第三十九話 少女の首輪~ENDING~ →道化師とお姫様【前編】

さて、これにてオルガ完結です。
読んでくださった方、ありがとうございました(^^)/


舞台は。。。どっかの国。
ずっとぼかしてきたフォスターの年齢ですが、二十七です。
つまりヴォルフもですね。
本当は、学業優秀ヴォルフくんをスキップ進学の年下設定にしようかと思っていたのですが。。。
初等科からずっと一緒という設定も使いたかったので、同い年になりました。

まあ、おばちゃんの私からすれば、二十七の男子なぞ小僧っこではありますが・・・。
それでも、いい年して何やってんだ、この二人。。。と、度々思いながら書いておりました。

フォスターばかりがやけに厳しいお仕置きされていたのは
オルガにきついことしたら可哀想だし
ヴォルフは馬鹿で可愛いし
でもたまにはきっついの書きたいし。。。
では、厳しめ担当は君だ! 頑張ってくれたまえ!。。。と、フォスターを指名してみました。
(生贄ともいいます)


この国の貴族の後継ぎ息子は、その父親の名前を受け継ぎます。
フォスター父がアーサー三世。
フォスターがアーサー四世。
ちびがアーサー五世ですね。

ヴォルフの家のように長男が亡くなってしまったりした場合は、次男の名前にシフト。
すなわち、ヴォルフはセドリック一世。

でも、オルガとちっとも結婚してもらえそうにないので、子供など、いつの話になるのやら。

侯爵家を継ぐ人間がいないと、ヴォルフの代で終わっちゃいますから
そういう場合は国王の許可の元、養子を迎えて爵位を継がせることになりんす。

まあ、国王が若いので、まだまだ先の話ですけどね。


ヴォルフもまあ落ち着いて参りましたので
ファビオはちびアーサーの教育係の従僕に昇進しました。
従僕って、ハンサムで高身長なほど、給金高かったそうですねー。
ファビオは高給取りだなー。


オルガは取材で国内国外飛び回り、あんまりお屋敷に戻ってこないみたいです。
記事を読めば、なんだか危ないことにもガンガン首を突っ込んでいるのは一目瞭然なので
フォスターの心配の種もお仕置きの種も尽きないご様子。

そんなこんなで。
どうにか終了できました。
このような素人小説にお付き合いくださり、本当にありがとうございました。

番外編も頭の中にはあるので、文章に起こしたら、またお付き合いくださいませ。

ありがとうございました(*´▽`*)


  • 【第三十九話 少女の首輪~ENDING~】へ
  • 【道化師とお姫様【前編】】へ

~ Comment ~

お疲れさまでした。

完結おめでとうございます。

思えば、私が発した発言から、まさかこのような大作になるとは思いもしませんでした。私の想像を遥かに越える素晴らしい作品に、毎回一喜一憂していました。それがもう終わってしまうのかと思うと、少々寂しくもあります。

これから番外編?もお考えとのことなので、そちらも楽しみにしております。それまで私はまた最初から復習をして参ります(笑)

お疲れ様でした!

休止の頃に追いかけ始め、連載が再開された時はとても嬉しかったのですが無事!完結しましたね! 完結おめでとうございます(*´ω`*)
そして長きにわたっての連載お疲れ様でした💕
オルガはやっぱりじゃじゃ馬娘になりましたね(笑) ヴォルフはいつまでまたされることやら(笑)
彼らのこれからもずっと見ていきたい気分ではあるのですが……番外編でちょっとした小話を覗けるのを楽しみにしています♪
何はともあれお疲れ様でした💕また、新シリーズ連載始まったりすると嬉しいかなぁ……と思ったりするのですがこれからも書いていただけるのでしょうか?
主様の書くお話はスパ云々といったジャンルを越えてとても心が暖まるので、これからも見続けていきたいです。
まあその辺は主様の思うがままに……で(笑)
これからこのサイトにどのような物語が積っていくのか楽しみに覗かせていただきます♪
何はともあれお疲れ様でした💕

えんじゅさま

お陰様をもちまして、無事に完結と相成りました。

今まで書いてきたシリーズ物の中で、一番長くなるのは目に見えていたので、
もう書かずにいてもいいかなーと思っていたのですが
書いたら書いたで楽しかったので、ありがとうございました。

これ以上本編を長くしたくなかったので、削ったエピソードがいくつか残っておりますので
番外編でぼちぼち書いていこうかなと思います。

よろしければ、またお付き合いくださいませ。
コメントありがとうございました(*^ω^*)

サラさま

休止中からいらしてくださっていたこと、本当に感謝いたします。

本編から削ったエピソードをいくつか番外編に起こすつもりですので、よろしければお付き合いください。

オルガ以外の物を書く時
たまーに、仕置き館第一話を書いた時のように発作的に、徹底的にキツイのが書きたくなるのですが


その内にオルガ以外に妙なの書き始めたら、あー、発作が起きたんだなと
いたわりの目で読んでいただければ幸いです。。。

お付き合いいただき嬉しく思います。
コメントありがとうございました♪
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【第三十九話 少女の首輪~ENDING~】へ
  • 【道化師とお姫様【前編】】へ