あとがき

仕置き館のこと

 ←最終話 悪女と聖女 →画家のこと

一応、これで「仕置き館」は終了です。

唐突に話を思いつけば、また書き始めるかもしれませんが(^^ゞ

特定のキャラを設定せずに、ひたすら厳しいお仕置きを書いてやろうと思って書き始めたのに、ふと気付けばグランドマザー・ヴィクトリアが主役になってるし・・・。

「○○のお仕置き」というサブタイトルでなくなってきた当たりから、どんどん方向性を見失うカンジで^_^;

大体・・・グランドマザーのキャラが決まってからの話では、第2話にある現代版仕置き館な「機械仕掛けのお仕置き」の話が成立しないではないか(-"-;A

まあ、きっとワイラー氏が頑張って新しい仕置き館を作ったのでしょう。それの現代版なんでしょう(爆)

まあ、楽しんでいただければ幸いです<(_ _)>

  • 【最終話 悪女と聖女】へ
  • 【画家のこと】へ

~ Comment ~

だからこそ

 いえいえ、この方向でよかったと思いますよ。グランドマザー・ヴィクトリアだからこそ、拝見していてただ萌えるのみならず、深く沁みいるものがあるのだと思います。 M/F,F/Fも確かに好きなのですが、M/M(BL入りも含めて)以上にこんなにも楽しんだりしたのは、本当に久しぶりでした。
別のところにも書きましたが、グランドマザー・ヴィクトリアとワイラー卿達なら、M/F、F,Fも書きたい、凄く久しぶりだけど書いてみたい、ワイラー卿達と一緒に私もグランドマザーをお仕置きしたい、お尻を叩きたい、そう思わずにはいられないくらい魅せられました。
ですから、グランドマザー・ヴィクトリアを主役にしてよかったと私は思っています。
 完結とのことで、また今までの展開からするともうグランドマザーがワイラー卿達にお仕置きされることは無いでしょうが、それでも機会があったら拝見したいと思わずにはいられません。それくらい、本当に惚れこんでしまいそうです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【最終話 悪女と聖女】へ
  • 【画家のこと】へ