更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2010 081234567891011121314151617181920212223242526272829302010 10

【  2010年09月  】 

同棲の条件のこと。

あとがき

2010.09.30 (Thu)

以前書いたものを、ひとつにまとめて再編集しました。樹のようなタイプの女の子を書くのって苦手なので、何をしゃべらせていいのかかなり悩んだ記憶が(^^;)最後の方に出てくる漢字読めないシーンは会社の新入社員ちゃんリアルエピソードを頂いたもの(爆)同棲条件事項でなく(当たり前)、会社の書類を間に挟んでの会話エピソード。頭痛がしていたのは、リアルに私だったり・・・(-"-;A...

PageTop▲

同棲の条件

短編集

2010.09.30 (Thu)

 樹(いつき)が乙女(きのめ)と知り合ったのは、彼女が同棲している彼・雄大(ゆうだい)と、樹の彼・海(かい)が会社の同僚という友人同士だったからだ。 大体、海と樹が雄大・乙女が暮らす、中古ながら一戸建てという贅沢な住まいに遊びにいくのがパターンだった。 樹はいつも乙女が羨ましかった。 自分は海とデートでしか会えないし、結構頭の固い良識派の海は、樹の両親が心配するからとお泊りもなかなかさせてくれない...

PageTop▲

機械仕掛けのお仕置き(仕置き館現代版)のこと。 

あとがき

2010.09.30 (Thu)

仕置き館シリーズに入れてあったものですがこれだけ現代版な上に、異常に短かったので、加筆して、短編集に移動しました。...

PageTop▲

【仕置き館現代版】機械仕掛けのお仕置き

仕置き館

2010.09.30 (Thu)

 中世、娼婦の更生施設として歴史を開始した、通称「仕置き館」は、形を変えながら、現代も存続していた。 売春だけでなく、怠惰な世相を反映した収容理由にも適応するようになり、それに伴って、収容者数は激増する。 それを可能にしたのは、オートメーションの導入であった。 収容者の生活・健康管理は管理者不足を補い、効率を上げたのだ。 だが、収容者の昔ながらの厳格で規律正しい生活は変わらない。贅沢に慣れた現代の...

PageTop▲

短編集【習慣】のこと。

あとがき

2010.09.26 (Sun)

書いた張本人のくせに、書いててイライラしてもた( ̄▽ ̄;) なんやねん。この男性絶対支配と女性差別。きーーーo(>...

PageTop▲

風習

短編集

2010.09.26 (Sun)

 会社がこの田舎に新たな工場を建設したということで、赴任してきた竹倉は、舗装もない荒れた道で車が揺れる度に、足を踏ん張って体が大きく揺れるのを堪えていた。 埃っぽい空気が、車窓からでも手に取るようにわかって、ため息。 ここでの仕事さえ終えれば、日本に帰れる。 あと少しの辛抱だ。 この数年、海外赴任が何国も続いた竹倉は、海外と日本のあらゆる習慣の違いに、うんざりとしていた。 こんな後進国の辺鄙な村で...

PageTop▲

前月     2010年09月       翌月